パタヤでスノーケリングするなら ラン島

sponsor

バンコク郊外のパタヤのビーチは綺麗ではなくてスノーケリングできないって聞きますよね。

でもせっかくパタヤまで行ってるのだから綺麗なビーチに行きたいということで、ビーチに丸2日費やしてきたのでご紹介します。

パタヤでスノーケリング

パタヤのビーチはホテル街の近くにあり、こんなに広くて大きいです。

パタヤのビーチは広い

パタヤのビーチとスノーケリング

でも、このパタヤのビーチはマリンスポーツとツアー客のチャーター船で、スノーケリング向きではありません。

パタヤのビーチは混み過ぎ

このチャーター船とマリンスポーツの船の数・・・( ;∀;)。

スノーケリングならパタヤ近くのラン島へ

というわけで、スノーケリングするためには、パタヤから船で近くの島に行くことになります。

パタヤから定期便があり、片道40分、30バーツ(100円)と近くて安いのがラン島です。

パタヤからラン島へ

こちらはラン島の南の端のヌアルビーチ。綺麗な海ですね!これならスノーケリングできます。

パタヤ近くのラン島のヌアルビーチ

パタヤ ラン島のスノーケリング向きのビーチ

ラン島の赤い丸がフェリーが着くところです。ナバーン桟橋タワエンビーチのどちらも船が多いのでここから離れたビーチへ向かいます。

ラン島の地図

今回はスノーケリング向きで、治安的に大丈夫そうなティエンビーチヌアルビーチに1日ずつ行きました。タワエンビーチサマエビーチは賑やかでマリンスポーツ多めなのでパスです。

パタヤ ラン島 ティエンビーチとヌアルビーチ

パタヤ近くのラン島でスノーケリング向きだったのがヌアルビーチとティエンビーチです。

パタヤ近くのラン島ヌアルビーチでスノーケリング

ティエンビーチ。テンション上がって楽しんでます(*‘∀‘)

ヌアルビーチでも各種マリンスポーツができますが、比較的静かです。

こんなマングローブの木にブランコがあり、なんとなく乗ってみたくなります。

パタヤ近くのラン島のビーチのブランコ

ボーっとしたり、写真撮ったり。気持ちいい。

ティエンビーチの朝一番。人も少なくてより静かです。

パタヤ近くのラン島の静かなビーチ

でも、ティエンビーチもヌアルビーチでも午後が近づくとツアー客のチャーター船が来て少し人が増えてきます。

パタヤのラン島をスノーケリングして見れる魚

熱帯魚は詳しくないのですが、カクレクマノミをはじめ各種ストライプの魚やエメラルドグリーンの魚など10種類以上はいました。

  

そしてイソギンチャクや見たこともないようなウニも綺麗でした。

 

(画像はAmazonや楽天から。イメージなので厳密な品種は違うかもしれません)

特に、ビーチから遠目で見て海が黒くなっているところにサンゴ礁があり、魚が集まっています。

パタヤのラン島でスノーケリングするときのメモ

パタヤ ラン島のナバーン桟橋からビーチへ

ナバーン桟橋 ナバーン桟橋

まず、ラン島のビーチはフェリー乗り場からバイクタクシーで回れます。

写真の先にあるバイク乗り場を横目に左に曲がるとセブンイレブンがあります。買い出しがまだの人はコンビニに寄りましょう。

ラン島のバイクタクシーとレンタルバイク

ラン島のバイクタクシーは基本1人50バーツでビーチなどへ連れて行ってくれます。オレンジのタンクトップを着ている人が目印です。

パタヤ近くのラン島のナバーン桟橋 バイタク

バイクのレンタルは1日300バーツ。パスポートを預けて借ります。

バイクの二人乗りで山道も行くので、落ちないようにしっかり乗りましょう。

スーツケースが乗せられるバイタクはラン島のホテルの宿泊客専用でした。

ラン島の乗り合いバス ソンテウ

トラックの後ろに乗るソンテウは、ナバーン桟橋にはありませんでしたが、ビーチにはたまにいました。ソンテウは乗り合いなら30バーツ、貸し切るなら300バーツです。

ビーチから移動したい時は、道路寄りにいるそれっぽい人に声をかけて50バーツのバイタクかソンテウ乗り場を教えてもらいましょう。ソンテウは人数が集まるまで出発を待ちます。

ラン島のトイレは基本タイ式

ナバーン桟橋の写真にあるお手洗いは10バーツで、トイレットペーパーでなく手桶で水を流すタイプです。

辛い( ;∀;)

また、ビーチのビーチチェアがあるところでもお手洗いを貸してくれます。料金はチェア込みのケースと別料金のケースがありました。

船に乗る前には酔い止めを

パタヤからラン島は片道40分ですが、小さな船で揺れやすいので酔い止めは飲んでおきましょう。

タイのセブンイレブンや薬局で買えます。ラン島だとナバーン桟橋のセブンイレブンや乗り場の薬局にも売っています。

こちらはセブンイレブンで購入。数十バーツと安かったのですが、値段忘れましたm(__)m。1回1,2錠。2錠入り。普通の大人なら1錠です。

パタヤ ラン島では野良犬に注意

なぜかタイは野良犬が多いのですが、ビーチも例外ではありません。

犬は人慣れしていて特に害はありません。ただ、タイでは狂犬病があるので手は出さないほうが無難です。

パタヤやナバーン桟橋で買い出しを

スノーケリング向きのビーチは人が少ない分、レストランなどがあまりありません。

パタヤ側か、船着き場のセブンイレブンなどでお弁当とお菓子、飲み物を買っていくのがおすすめです。

ビーチのスノーケリングのレンタル

ビーチにはスノーケリングの道具やビーチデッキ、大きな浮き輪などのレンタルもあります。

ただのプール用のゴーグルを日本から持っていくだけでも魚が見れます。

スノーケリングのマスクは現地感覚にしては割高で、何度も借りるなら持って行ったほうが安いのです。が、スーツケースの容量を食うのでレンタルもいいでしょう。

レジャーシートとスノーケリングのマスク、浮き輪を持って行ったので、大荷物でした・・(‘Д’)

パタヤ近くのラン島でスノーケリングする時間

スノーケリングにおすすめの時間はチャーター船で来るツアー客が少ない午前中です。

また、帰りのフェリーに乗り遅れると高いチャーター船になるのと、雨季は夕方のスコールに遭いやすいので、午後にしても早めに切り上げると良いです。

[パタヤとラン島のフェリーの時刻表]

パタヤとラン島のフェリーの時刻表

遅くなった帰りの途中、スコール足止めされました( ;∀;)

パタヤでスノーケリングまとめ

バンコク駐在員などは週末パタヤに行く方も多いと思います。またバンコク旅行のついでにビーチへ足をのばそうという方もいるでしょう。

パタヤの目の前のビーチの混雑ぶりにはがっかりするかもしれませんが、フェリーで40分行ったラン島にはタイの田舎と綺麗なビーチが残っています。

時間が取れたら、ぜひラン島などの島へ行ってスノーケリングしてみてくださいね。

sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする