断捨離と帰省 海外赴任の内示、打診ですること。その1

sponsor

海外駐在どうかな。

大丈夫です。(おぉ・・楽しみだけど不安)

海外赴任の内々示

引っ越しするかもしれない…。

転勤の内々示があったんです。
はい、海外。

でも私、2年前までヨーロッパに住んでいたので、海外引っ越しするなら2回目です。

というわけで、駐在の準備をいろいろ書いていきたいと思います。

内示後は忙しい

内示後にすることは

・渡航前健康診断
・引っ越し見積もり
・セミナー
・語学研修
・各種手続き
・渡航先の準備
・渡航前の買い出し
・荷出し

と、とにかく慣れないことで忙しくなります

前回、内示前にのんびりしていて、内示後しんどかったので、今回は内々示からできることをしていきます。

海外転勤の内々示ですべきこと:断捨離

・会社の経費で運べる量には限界がある。
・自腹で海外に運ぶのは金額的に死ぬ

とにかく持ち物を減らすしかない。

というわけで、今、ミニマリストばりに身の回りを整理しています。

まず、

・使っていないもの
・消費期限が過ぎたもの

を捨てる。

はい、これ、引っ越ししなくても、当たり前((+_+))

断捨離つらい

でもね、頭ではわかっていても、2年、3年使ってないものがたくさんあるんです。泣。

油断すると5年は使ってない。
期限切れの薬や、古くなった香水、
カビが生えていたあれやらこれやら。

どん引き

今までゴミと生活してたのかな?

という気持ちになって複雑です。

捨てられないほどいい物は売るか寄付

捨てられないほどいい服は買取サービスや、慈善団体に送ったりしています。

高かったコートも、履いていない高い靴も。
罪悪感を和らげてくれるよ。

時間の余裕があればメルカリで売るんだけど、余裕がない・・。

高いものは買取へ。

ブランド物などはこういうサービスもいいでしょう。

売れないけど捨てられない服は寄付へ。

寄付先の団体が送料を負担してくれて着払いで送れるところもあります。

ここは送料自腹ですが、事前申し込み不要で気楽なのと、いろいろ送れるところがいいところ。

「フルクル」古着リサイクルプログラム-古着で国際協力!

即席のミニマリスト

元々ミニマリストの人は勝ち組で、引っ越しで慌てている私は負け組・・。

いや、負け組でもいい!とにかく作業しよう!

音楽かけて、ラジオかけて
とにかく捨てて
持って行く物を選びつつ
掃除をしていく

仕分けと断捨離

残す物も

・飛行機に持ち込む物
・航空便にする物
・船便にする物
・実家に送る物
・倉庫に送る物

など具体的にイメージします。引っ越し作業は業者さんに頼めてもこの仕分けは後で自分ですることになるからです。また、これをしないとどこまで減らせばいいかがわかりません

荷物の仕分けについて詳しくはその3にまとめました。

断捨離は内示前に

断捨離は内示から動くのでは遅いです。

内示後は断捨離の余裕があまりありません。

するしかないけど。

物が多いと仕分け時に物の処理が大変になり「直前であれもこれも持っていけない!」ということになります。

逆に物が少ないと船便の容量を減らせる分、航空便の容量を増やせたりして、海外引越でも早く手元に届く物を増やすことができます。

少ないと仕分けも届いた後の片付けも楽です。

海外駐在の内々示ですること:その他

会いたい人に会う

内示後は忙しいので、内々示時点で会ったほうがいい人に会っておく

というわけで一回実家に帰りました。

実家に帰る

海外からだと、基本的に

祖父母の危篤、不幸でも
・休暇がない
・渡航費用が会社から出ない

つまり、いざという時に帰れる保証がありません。

何もないに越したことはありませんが、会っておくだけで、もしもの時でも気持ちが違うかもしれません。

カタログ系や使っていないカードなどを止める

郵便で送られてくるものは実家などに転送をかけますが、カードなどをたくさん持っていると住所変更等の手続きが手間になります。

使っていないものを解約して整理していきます。

健康な体で行けるように

歯医者などの技術は日本とは違う上に保険が効かず、高額な自腹になるので歯医者さんで虫歯チェックと虫歯治療をしておきます。

内示後は健康診断がありますが、持病があればもちろん相談を。

私、歯の矯正中なので歯医者さんに相談しました。急遽動かすことになった歯もあって歯の装置がすごいことに・・。

パスポートの期限をチェックを

パスポートを持っていない人は申請を。帯同する家族がいる人は全員分。

持っている人も期限が切れていないか、短過ぎないかチェックを。

VISAの申請にはパスポートの一定期間の有効期限が必要な場合があります。

内示後なら新規のパスポート申請費用が会社持ちのケースもあります。「ビザの手続きが遅れてもいいので、節約したい」という場合は、必要書類を準備して内示を待つという手もあります。

マイレージ関係のカードを作る

もし持っていなければ、駐在中は何かと飛行機を使うので、マイレージ関係のカードは入っておいたほうがいいです。いろいろと使えます。

最低でも普通のJALとANAの両方は持っておきましょう。

渡航に使わなかったほうのマイレージを海外で作ったら、国内日本人と在外者は区別されていてやや面倒でした。

海外駐在の内々示でしたいこと 旅行のイメージ

モチベを上げるために、海外駐在先だけでなく周辺国のガイドブックをいろいろ入手し、駐在中の旅行をイメージしています。

これが一番大事です。

青い海が飛行機で1時間先にある、綺麗な世界遺産がある!というのは駐在の最大のモチベです。

大変なことも多いし、
心配になることも多いけれど、

駐在は長期旅行なんだと思えば乗り切れるよ。きっと。

YES! 自分に言い聞かせ。

その2につづく

次回で予防接種、車、炊飯器の準備、次々回で仕分け準備をしていきます。

sponsor

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする